敏感肌のおすすめ化粧水の選び方

subpage1

スキンケアをすると肌がヒリヒリしたり、赤くなったりして痛みを感じる人が少なくありません。

敏感肌の化粧水のおすすめが勢いに乗っています。

そう感じると大体の方は自分は敏感肌だと思い込みます。

しかし実際には本当に敏感肌である人はごく僅かです。
では、スキンケアしたらヒリヒリしたり、赤くなったりするのは何故なのか、それは肌の水分バランスが崩れてしまっているからです。

pH値は酸性・アルカリ性の強さをあらわす数値を言います。数値が小さいほどアルカリ性、数値が大きいほど酸性です。
日本人のpH値は4.5から6.5で弱酸性です。肌のひりひり感、赤くなる状態はアルカリ性に近づいてしまっている状態です。

なぜ弱酸性の肌がアルカリ性になってしまうのか、それは化粧品が原因です。

素敵なGirls Channelの情報が欲しい方必見です

最近はドラッグストアやコンビニでとても安価な化粧品が沢山売られています。実は正しい化粧品選びの基準は3000円以上の化粧水を基準にすることです。

そのため、それ以下の値段の化粧品はアルカリ性や中性なのです。

その化粧品を使い続けてしまうから肌のpH値が乱れ、ヒリヒリ感や赤みを引き起こしてしまうのです。

ちゃんと3000円以上の化粧水を基準に化粧品を選び、使い続けることで解決します。

最初の1ヵ月は肌に痛みを感じることがありますが、使い続けるうちにpHが戻ってくるのでいつの間にか痛みはなくなります。



自分は敏感肌だと悩んでいる方がいるとしたら、まずは化粧水から見直すことをおすすめします。

また、化粧品は全て同じメーカーの同じシリーズで統一させることをおすすめします。
また、百貨店などで肌の水分バランスを調べることもおすすめです。